女性

手術を二回に分けることが脂肪吸引失敗のリスクを減らす

色々な美容効果がある

女医

東京の美容外科では、様々な施術の種類がありますので、自分の求めているものをはっきりさせておくことが大切です。最近ではメスを使用する施術ではなく、注射によるプチ整形の施術が増えています。

もっと読む

細胞の新陳代謝を促す

医療器具

プラセンタ注射は、細胞の新陳代謝を促す効果があるため、美容効果はもちろん、病気の治療にも用いられています。プラセンタ注射には、いくつか種類があります。中でもツボ注射は美容に効果的です。美容目的の場合には保険適用されないため、注意します。

もっと読む

温めて体をケアしよう

婦人

美容効果を得たいときはインディバを利用してみるといいでしょう。ジュール熱を発生させて体温を上昇させるので、美容効果や冷え性改善に役立ち人気です。コースを利用するときには施術後や施術を受ける前に注意する事があるのです。

もっと読む

一回で終わらない事もある

ウーマン

分けたほうが良い場合

女性は特に下半身は上半身に比べて、脂肪が付きやすいという人が多いようです。一般的なダイエットでは、細くしたくない部分が痩せてしまい、希望する部位を細くすることが出来ないということにもなりかねませんが、脂肪吸引であれば、希望する部位の部分痩せが可能です。下半身の脂肪吸引は、取り除く脂肪の量が多くなる傾向にあるため、一度の手術では失敗してしまう可能性があります。そこで、失敗を防ぐために、二回程度に分けて手術を行うこともあります。二回に分けて脂肪吸引手術を行ったほうが良いにも関わらず、無理に一回で終わらせてしまった場合には、十分な脂肪の量を取り除くことが出来ない、ダウンタイムがつらく日常生活に支障が出るなど失敗のリスクがあります。

どちらが先が良いか

下半身全体の脂肪吸引を行なうという場合、太ももとお尻、ふくらはぎの二回に分けて行われることが多いようです。基本的にはどちらが先でも良いのですが、脂肪吸引手術の効果をより高く実感することが出来る太ももとお尻の手術から受けたほうが良いとされています。ふくらはぎに比べて、脂肪を吸引する範囲が広いために、取り除くことが出来る脂肪の量も多くなります。その結果、より高い痩身効果を得ることが出来ます。そのため、安心して任せることが出来ますし、場合によってはふくらはぎの脂肪吸引手術は行わなくても良いということになる可能性もあります。二回に分けて手術を行う場合には、体に負担をかけないためにも、失敗を防ぐためにも一か月以上は間隔をあけたほうが良いでしょう。